2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
100_7503.jpg

ディナーから戻るなり、彼は爆睡。

すぐ寝ちゃうのがもったいなくて
私はテラスに出て写真を撮ってみました。




100_7499.jpg

100_7497.jpg

夜になるとコテージ下の砂浜にカニがたくさん!





100_7498.jpg

月に照らされた夜の海がとてもキレイ。

写真はこれで限界だったけど
水面がもっとキラキラ輝いてとても絵になる光景でした。

静かな波の音を聞きながらずっと夜の海を眺めているのも
贅沢な時間



100_7491.jpg




 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
実は、この旅行でメインともいえる一大計画。


100_7599.jpg


ウエディングドレスを持ち込んで、
リゾートウエディング写真を撮る!!!




結婚式は東京で一年前に終えています。

でも、旅行前にいろんなモルディブ旅行記を拝見していたら
「購入したドレスを持ち込んで写真だけ撮った」という方が。

なんて素晴らしいアイデア!!!



その時点で出発2週間前。
「そんな面倒でばかなこと」とあっさり拒否られるだろうと思いつつ
ものはためしと彼に相談してみたら・・・

「いいんじゃない。しまいこんでいてももったいないし」

あっさりお許しが!!!
わーーーーいありがとーーーー

そこから実家に頼んで、
クリーニング後送りつけておいたドレスを送ってもらう。

10年保障のクリーニング、1年で開封しました



購入でよかった
かさばらないマーメイドでよかった

グローブも買取だったから手元にあるし
ドレスの付属のコサージュを髪につければヘアアクセもいらないし。
なんとかなる!





とはいえ、島の様子を見ているとけっこう人目があって恥ずかしい。

コテージ周辺や砂浜で勝手にドレス着て勝手に写真撮っていれば
いーやと思っていたのですが絶対人目につく。。。

滞在中にウエディングやってるかと思いきや
そんな気配もなかったし。


なんか勇気が出なくてあきらめようかなぁと思っていたところ
日本人スタッフの方と雑談しているときにタージの結婚式の話になり
実は今回ドレスを持参したことを伝えると

なんと協力してくれるという!


そんなわけで、無事ドレスを着て
バギーで島中の撮影スポットを回ってもらえて
思う存分写真を撮ることができました


ウエディングプランで申し込んだわけじゃないのに
私たちのためにたっぷり一時間はつきっきりで
無料でバギーも出してくれて

ほんとにここまでしてもらえるとは夢にも思わなかった。


この旅行で一番印象に残ったサービスです。
TAMASAさん、本当にありがとうございました!!




100_7609.jpg
ダイビングセンターへ向かう桟橋



100_7636.jpg
プールサイドに行ったとき、休憩していたインドのカップルが
「コングラチュレーション!!!」と叫びながら駆け寄ってきて
いっしょに写真を撮ってくれました。
ローカルアイランドのツアーでいっしょだったカップル。

言葉は通じないのだけど、ドレスを見て喜んでくれて
すごくすごく嬉しかったです。

今、インドの彼らの手元にもこの写真があるんだなーー。
不思議な気分。



100_7640.jpg
これ、笑えるけど(笑)
自分じゃハンモックなんて思いつかなかったな。

TAMASAさんがポーズ等演技指導もしてくださいました(笑)



100_7647.jpg
これは私のリクエスト。
白いビーチで、遠景で撮影したかったのです!




100_7656.jpg
TAMASAさんと。
ご協力、ほんとにほんとにありがとう!




100_7661.jpg
TAMASAさんのアイデアでバギーでも。
「せっかくだからバギーもデコレーションすればよかった!」と
悔しがってくれたのが嬉しかったです(笑)

実際の結婚式では、お花やリボンでデコレーションするそうです。

ウエディングプランではないのに
時間と思いつきさえあればそこまでしてくれちゃいそうな
いきおいでした。

今回新郎はシャツにビーサンですが(笑)
ちゃんと式を挙げられる方の中にも新郎はこのスタイルって多いみたい。
(私もドレスの中はビーサンです☆)

てことは、プロのカメラマンや神父さんこそいないものの
私たちそれなりにリゾートウエディングもどきなことは
できちゃったってことだよね。


ロケーションが最高なのでどこで撮っても絵になります。
日差しが強いので色がとぶだろうなと計算して
メイクを濃い目にしたのも正解でした(笑)



とにかくもう一度ドレスを着ることができて
この旅行で一番の嬉しい思い出になりました






 | 旅行記  | TB(0)  | CM(8) | Page Top↑
20:00  フラワーバス


ディナーから帰ると、楽しみにしていたハネムーン特典のフラワーバス
セットされていました

最後の夜の、何時ごろにセットするか事前に希望を聞いてくれます。
さてさて、お風呂の様子は。。。



100_7688.jpg

あ あれ???

キャンドルが、ないよ・・・??


普通フラワーバスってお湯にお花をちりばめつつ
バスタブにキャンドル並べてるものでは??

実際お湯に入るときは邪魔かもだし、なくなったのかしら・・?
ちょっとがっかりしたけど仕方ない。

お湯はぬるくて入れないという話も聞いたことあったけど
ちゃんとあったかかったのでのんびり浸かりました

100_7693.jpg


ちなみに、日本に帰ってからほかの方のブログ見てみたら
やっぱりキャンドル並んでました。。。
同じタージなので、泡風呂にピンクのお花もいっしょ。
やっぱりキャンドルあるほうがロマンチックだよーーー。
忘れられたかな。
私たちの部屋、お香も追加分なかったしなぁ




100_7700.jpg
今夜もカニがいっぱい

100_7702.jpg
青鷺も夜のお散歩



とうとう最後の夜なのです。
シンガポール寄るからまだ日本には帰らないのですが
このコテージで眠るのも最後と思うと。。。

さびしい~~~~><


 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
4:00 起床


とうとう最後の朝です!!
この日は気合で早起き!!!

なんでかって、まだモルディブの「夜明け」を見ていなかったから。
毎朝早起きではあったけど、すでに陽は昇ってたのです。



100_7706.jpg
起きた時点ではまだ真っ暗。。
5時くらいにようやくこのくらいほんのり空が白んできました。

かなりフライングだった模様。。。
もう一時間寝ておけばよかった。。。


おなかがすいてきたので
紅茶を入れてリンゴをかじりながらテラスで海と空を眺める。


100_7707.jpg

100_7714.jpg

いつも6時くらいに起きていたので
日の出そのものではないにしてもほぼ夜明けと同時だったのですね。
朝日をさえぎる建物がないから、日の出と同時にすぐ明るくなるのです。



100_7735.jpg
朝の海に入ってみた。
水が気持ちいい。

100_7746.jpg
だいぶ明るくなりました。
青鷺も朝日を待ってます。

100_7747.jpg
6:00頃。きそう。きそう。

100_7755.jpg
きたーーーーー!!!

っていうか、雲が邪魔でいつが日の出の瞬間だったか微妙にわからなかった。。。
でも刻々とうつりゆく空を見ながら、モルディブの時間を満喫しました。
もうこんな夜明けはそうそう見れない。



100_7751.jpg
朝食の時間まで荷造り。
さびしい。

出発は夜だから、まだ一日楽しめるんだけどね。



 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
9:00 シュノーケリングプラットホームツアー



100_7789.jpg
最後のシュノーケリングに行ってきます

プラットホームへ行くのは初日に続き2回目。



100_7793.jpg

100_7792.jpg
ダイビングセンターへ向かう途中、ベビーシャーク発見!



100_7797.jpg 100_7800.jpg
スピードボートでプラットホームへ。

この日は韓国人のカップルといっしょ。

今回の旅行でもっともカルチャーショックだったのは・・・
韓国や台湾のカップルはみんな

まるで妻がモデルで夫が専属カメラマン

ってこと。。。



いやぁびっくりしましたよ。。。
木にもたれかかったり片足上げてみたり
両腕を頭の後ろで組んでのびてみたり
悩殺ポーズ炸裂の妻を
三脚付一眼レフで激写しまくる夫。


すごすぎて最初は仕事でモデルとカメラマンの二人だけで
来たのかと思いました。


でもスタッフから聞いたところ、これが普通らしい。
アジア人はみんなシャイだと思っていました。



で、どんな人たちなんだろ怖いよーーー

とびびっていたら、なんのことはないとっても気さくでフレンドリー。
自分達はもちろん写真をとりまくるのだけど
私たちにもしょっちゅう声をかけてくれて
4人でも撮ったし私たち2人のことも撮ってくれたし。

単純に写真が大好きなのですね。

私たちが英語できないのであまり会話は出来なかったけれど
交流できてとても楽しかったです

一日目は日本人カップルといっしょだったけど
ほとんど交流もなかったし写真も撮らなかったもんなーー。




そしてこの日のシュノーケリングが、いちばん海がきれいで
魚も本当にたくさん見ることが出来ました
やっぱり午前中が、波もなくて水がきれい。

透き通った水に、青や黄色のきれいな熱帯魚が
本当に目の前を泳いでいて感動

FH010017.jpg

FH010018.jpg FH000020.jpg

FH010007.jpg FH010019.jpg

FH010003.jpg
この光景も肉眼だとすごかった。
もっと水も透き通っているし
目の前にキラキラ光る銀色の小魚の大群。


ちょっと深いところに行って珊瑚や岩を見下ろすと
空を飛んでいるような錯覚に陥ります。


ずっと泳いでいても全然飽きない。
時間が経つのを忘れます。



次にこんな透明な海に潜れるのはいつだろう。
泳げない私が夢中になるくらい、モルディブの海は美しかったです。






■コダック スナップキッズ  945円
このカメラで撮ったよ


 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索