2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
チップについて  09/10/2008  
日本ではチップの習慣がないので
渡さなければいけない場面、渡す金額等わからないことだらけ。

ガイドブックには

・ウエイター→最終日にまとめて一日1$の計算
・ダイビングスタッフ→最終日にまとめて1ダイブ1$
・ポーター→荷物1個につき1$
・ベッドメイク→1ベッド1$
・スパセラピスト→終了時に3~5$

(地球の歩き方より)

とあります。
また

リゾートによって10%のサービス料が加算されている場合には
必要ない


そうです。
よかった、ダイビングスタッフやセラピストさんに渡してない!!
って思ったけど、タージはすべてサービス料10%なんでした


そのほか、気づいたこと。
★荷物は毎回いつの間にか運ばれていてポーターさんは接する機会がなかった

★朝食のウエイターは特に決まっていなかった気が・・・
  ディナーの時のみ渡しました。
  でも、今思えばサービス料10%払ってる・・・

★ベッドメイクは、ベッドはひとつですが二人分なので毎回2$用意。
 いつも清掃後にフルーツやクッキー、ココナツオイル等なにかおみやげがあって
 サービスかと思っていたら、一度チップ置くの忘れたときに
 何も置いてありませんでした。
 おみやげはチップのお返しだったんだ(笑)
 チップってそういうもの???
 だんだん、「次はなにかな~」とギャンブル的な楽しさが。
 ガイドブックによると、チップによってベッドデコレーションしてくれたり
 お花を飾ってくれたりする場合もあるそうです。

 やればよかったなーと後から思いついたのは
 $10くらい置いておいたらなにがくるのかな!?ってこと。
 1$でちょっとしたプレゼントくれるんだから、
 高額になればなるほど何が出るのか、ちょっと試してみたかったです(笑)


★ディナーで複数のウエイターさんにお世話になった場合。
 一応担当者はメインの方1名いるのでその方に渡せばいいのですが
 楽しい時間を過ごさせていただいたのでみなさんにお礼をしたい気持ちに。
 でも、手持ちのチップも全員分はない。。。
 そこで、他の方には彼が自分の日本製のタバコを渡しました。
 他のスタッフは、習慣からチップは遠慮する姿勢だったのですが
 タバコだと受け取りやすかったようで、かえってよかったです。


★日本人スタッフの場合
 お互いチップの習慣のない日本人。
 外国人スタッフに渡すのもぎこちないのに相手が日本人だと
 よけい気恥ずかしい。
 でも、いちばんお世話になった方。
 日本人スタッフにどうしているのか直接聞いてみたところ
 気持ち次第なのでどちらでもかまわない、とさっぱり答えてくれました。

 そこで、私たちは自分たちの非常食として持っていって
 結局食べなかったカップ麺やインスタントのスープ、お菓子等を
 最後の日に渡しました。

 持って帰るのも荷物になるし、日本人スタッフの方も
 懐かしい日本食ということで喜んでくれました(笑)

 これも、事前に用意できればよかったなと思ったのが
 日本からのおみやげ。
 私たちの地元がお茶の産地ということもあって
 かわいい缶に入った日本茶を持っていけば
 現地のスタッフや他の外国の旅行者と仲良くなったときに
 プレゼントできてよかったな、と思いました。










スポンサーサイト
 | 豆知識  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://maldiblog.blog39.fc2.com/tb.php/45-99e2f0ce

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索