2008 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
4:00 起床


とうとう最後の朝です!!
この日は気合で早起き!!!

なんでかって、まだモルディブの「夜明け」を見ていなかったから。
毎朝早起きではあったけど、すでに陽は昇ってたのです。



100_7706.jpg
起きた時点ではまだ真っ暗。。
5時くらいにようやくこのくらいほんのり空が白んできました。

かなりフライングだった模様。。。
もう一時間寝ておけばよかった。。。


おなかがすいてきたので
紅茶を入れてリンゴをかじりながらテラスで海と空を眺める。


100_7707.jpg

100_7714.jpg

いつも6時くらいに起きていたので
日の出そのものではないにしてもほぼ夜明けと同時だったのですね。
朝日をさえぎる建物がないから、日の出と同時にすぐ明るくなるのです。



100_7735.jpg
朝の海に入ってみた。
水が気持ちいい。

100_7746.jpg
だいぶ明るくなりました。
青鷺も朝日を待ってます。

100_7747.jpg
6:00頃。きそう。きそう。

100_7755.jpg
きたーーーーー!!!

っていうか、雲が邪魔でいつが日の出の瞬間だったか微妙にわからなかった。。。
でも刻々とうつりゆく空を見ながら、モルディブの時間を満喫しました。
もうこんな夜明けはそうそう見れない。



100_7751.jpg
朝食の時間まで荷造り。
さびしい。

出発は夜だから、まだ一日楽しめるんだけどね。



スポンサーサイト
 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
7:00 朝食



 『24Degrees』

100_7522.gif

きれいな景色を見ながらの朝食もこれが最後。
気になりつつまだ食べていないメニューを制覇してみました。



100_7756.jpg グラノーラ

100_7759.jpg お味噌汁
ついに出ました日本食(笑)
評判通り、ダシの風味を感じなくて味噌汁としては味がうすいようですが
上品なミソスープと思えば、これはこれでおいしいです。


100_7760.jpg
海苔巻き盛り合わせ。具はまぐろかな。
ちゃんとお寿司でした。おいしかった。
朝食無料だからいいけど、普通に注文するとどれも$20前後するからな。
この量で。。。;;


100_7761.jpg
チキン粥。
上品でおいしかった。漬物なんかが載ってます。

あとは今までにも頼んだハム盛り合わせと、パン。






午前中の予定は9時から無料のシュノーケル。

それまでコテージに戻って、荷造りしながらうとうと。
4時起きでしたから



100_7766.jpg
もうすぐコテージともお別れ。


コテージのチェックアウトは通常12時。
レイトチェックアウトの申し込みを事前に日本ですると$200

でもリゾート側のご厚意でプラス¥1600で夕方5時まで滞在OKになりました!!

うれしい~~~
シャワー浴びたり、ちょっと横になったり
出来るのと出来ないのではぜんぜんちがう!

出発まで時間つぶすのにライブラリやバーで過ごしてるカップルも
よく見かけましたが、けっこう疲れちゃうよね。



100_7774.jpg
コテージ裏の砂浜で。
もうちょっと遊ぶ~~~。




 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
9:00 シュノーケリングプラットホームツアー



100_7789.jpg
最後のシュノーケリングに行ってきます

プラットホームへ行くのは初日に続き2回目。



100_7793.jpg

100_7792.jpg
ダイビングセンターへ向かう途中、ベビーシャーク発見!



100_7797.jpg 100_7800.jpg
スピードボートでプラットホームへ。

この日は韓国人のカップルといっしょ。

今回の旅行でもっともカルチャーショックだったのは・・・
韓国や台湾のカップルはみんな

まるで妻がモデルで夫が専属カメラマン

ってこと。。。



いやぁびっくりしましたよ。。。
木にもたれかかったり片足上げてみたり
両腕を頭の後ろで組んでのびてみたり
悩殺ポーズ炸裂の妻を
三脚付一眼レフで激写しまくる夫。


すごすぎて最初は仕事でモデルとカメラマンの二人だけで
来たのかと思いました。


でもスタッフから聞いたところ、これが普通らしい。
アジア人はみんなシャイだと思っていました。



で、どんな人たちなんだろ怖いよーーー

とびびっていたら、なんのことはないとっても気さくでフレンドリー。
自分達はもちろん写真をとりまくるのだけど
私たちにもしょっちゅう声をかけてくれて
4人でも撮ったし私たち2人のことも撮ってくれたし。

単純に写真が大好きなのですね。

私たちが英語できないのであまり会話は出来なかったけれど
交流できてとても楽しかったです

一日目は日本人カップルといっしょだったけど
ほとんど交流もなかったし写真も撮らなかったもんなーー。




そしてこの日のシュノーケリングが、いちばん海がきれいで
魚も本当にたくさん見ることが出来ました
やっぱり午前中が、波もなくて水がきれい。

透き通った水に、青や黄色のきれいな熱帯魚が
本当に目の前を泳いでいて感動

FH010017.jpg

FH010018.jpg FH000020.jpg

FH010007.jpg FH010019.jpg

FH010003.jpg
この光景も肉眼だとすごかった。
もっと水も透き通っているし
目の前にキラキラ光る銀色の小魚の大群。


ちょっと深いところに行って珊瑚や岩を見下ろすと
空を飛んでいるような錯覚に陥ります。


ずっと泳いでいても全然飽きない。
時間が経つのを忘れます。



次にこんな透明な海に潜れるのはいつだろう。
泳げない私が夢中になるくらい、モルディブの海は美しかったです。






■コダック スナップキッズ  945円
このカメラで撮ったよ


 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
10:00 ライセンス取得のための試験

彼のライセンスは一番初歩的なレベル。
「スクーバダイバー」コース(学科、機材、2ダイブ、ログブック、申請料、ボート費)  49$



『ダイビングセンター』

100_7824.jpg

前日スキューバダイビングのライセンス取得のための講習を受けた彼。
あとは一時間程の簡単な試験をクリアすればゲットです


シュノーケルから戻ってきてそのまま
ダイビングセンターで試験を受けました。


私の分もコーヒーを出してくれた
ので、そのまま一緒にいることにしました。

先にコテージに戻ってる予定だったのですが
前日一人で寂しい思いをしたし、せっかくのハネムーンなので
一緒にいるほうがいいなぁって思ったので。


100_7818.jpg 100_7819.jpg

100_7823.jpg

屋外のテーブルでコーヒーを飲みながら試験
日本では考えられない(笑)
なんて優雅な試験なんだーーー。

いっしょにシュノーケル行った台湾の女の子が
写真撮ってくれました


100_7825.jpg 100_7820.jpg

その間私はお魚の本を見たり写真を撮ったり。
いろんな国の言葉の本が置いてあるよ。

センターの裏手にはシャワースペースときれいなお手洗いもあります



100_7828.jpg 約一時間後、無事合格

インストラクターも一人日本人女性がいて安心です

必要書類を記入して、仮の免許がもらえます。
実物は、後日郵送されます。





100_7834.jpg

お昼を食べに、コテージへ。
水がめの水で足を洗って。




 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
12:00 ランチ




シャワーを浴びてから、部屋で軽くランチにしました。


今更ですが、バスルームにはおっきなバスローブが
用意してあります。

100_7777.jpg

大きくて重そうに見えるし、使いづらいに違いないと
見向きもしなかったのですが

最終日に何気に触ってみると。。


ふっわふわのふっかふか!!!!!


まさに天国の手触り


どうしてこれまで使わなかったのかと、激しく後悔しました。
なので、最後にここぞとばかりに着用してみました!


100_7841.jpg
ぶかぶか(笑)

これ、ほしかったぁぁぁ!!
リゾート内のブティックで販売してそうだけど。
高いだろうなぁ。。。

今までホテルとかで着てみたバスローブの中でも一番でした!




そしてこの日のランチは
これまでにテイクアウトしたりサービスでいただいたりした
パンやクッキー、フルーツがたくさんあったので
お部屋で済ませました。
日本から持ち込んだお湯を注ぐタイプのスープもあるし
紅茶もコーヒーもたっぷりあるし


100_7838.jpg

プチパーティー気分

余らせなくて済んだし、一食分浮いちゃいました
最後にコテージでの時間を過ごせたのもよかったです。





 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
14:00 エステ       私120分$22 彼60分$15



ハネムーン特典のエステとは別にそれぞれオプションでも
エステをつけました

私はモルディブに決めたときからエステが一番の楽しみだったし!
ちょっと奮発してフェイス~全身2時間のコース


彼は私がハネムーン特典で受けた60分のコース。
(ハネムーン特典の時は同じコースを50分で受けます)

メニューがありすぎて、詳しいコース名、内容を覚えていません。
ごめんなさい




前回体験しそびれたサウナも、拙い英語で希望を伝えて
なんとか受けられました。
一人じゃないって心強い(笑)

サウナは男女別。
他に誰もいなかったし写真撮ればよかったな~><
サウナルームにもタオルやミネラルウオーターが完備していて
とても清潔でキレイでした。

私は通常のサウナのみ利用していたのですが
彼はミストサウナを利用したそうです。
ハーブのいい香りがしたそうな。
私も使えばよかった!



カップルで受けられるので、今回は同じ部屋で
彼と並んで施術を受けました。

彼には男性のセラピスト、私には女性のセラピストがつきました。


でもこの2度目のエステ・・・
言葉の壁が厚すぎたのもあって、ちょっと残念な結果に終わってしまいました



残念なことその1

私の担当のセラピストさんが何かを聞いてきて
指で押すしぐさと手のひらでなでるしぐさをするので
強いのと弱いのどっちがいいかってことかなぁと解釈して
「弱く」と思われるなでるしぐさを返したのですが・・・

いつまでも背中をなでていてマッサージが始まらない。。。

と思ってたら、これがさっきのしぐさ!?と気づく・・・。
押すマッサージかなでるマッサージかってことだったの??
全然マッサージを受けてる気がしない!!!


いつもならこのまま何も言えないんですが
高いお金払ってるわけだしせっかくのハネムーンだし、
と思い切って伝えました。

けっこう施術始まって時間経ってたので
ちょっと嫌な顔されたけど、一応ツボ押しもやってくれました。
言って良かった。。




残念なことその2

彼が一時間、私が二時間のコースなのになぜか同時に終わった!!

「finished」とくり返されるだけ。。
私だけ別の部屋に移動なんじゃないか、と二人で話したけど
着替えもさせられて受付に連れて行かれる。。。

このままじゃほんとに終わっちゃうと思い
拙い英語で必死で二時間のコースを申し込んだことを伝える。

すると受付の女性スタッフが来てくれて
彼女も日本語は全くできないのだけど私が何か訴えてることを
わかってくれて、レセプションに問い合わせてくれました。

彼とおんなじコースで申し込まれていたようで、
レセプションの日本人スタッフを介して
ようやくコースが間違って手配されていたことが伝わって
続きを受けることができました。

後半はフェイスとヘッドスパ中心で、仕切りなおし。


でもでもせっかく天国を味わうはずのところで中断されちゃうし
そもそもコースが違うのに前半60分は前回と同じエステになっちゃったし
チェックアウトの時間があるのに中断した分長引いちゃったし
最後の最後に後味悪くなっちゃいました。。。



特に、今回のセラピストさんが言葉が通じないと
もう意思の疎通をあきらめてしまって、適当に進めてしまうところが
あるのが問題だった。

途中何度もほんとうに終わりなのかっていうことを確認しようとしたのに
聞く耳をもたなくて、結局受け付けの女性が聞いてくれるまで
ほんとに終わっちゃうところだったし。



気さくで親切なスタッフが印象的なタージで
このセラピストさんだけはついてなかったな。。。


一番楽しみにしていて、しかも最後の最後でこんなことになって
けっこうがっかりでした。。。
マッサージ自体は気持ちよかったんですけどね。





そして二度目なのでほとんど写真がありません。

100_7854.jpg
問診表に記入する彼。これだけ(笑)






 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
17:00  サンセットクルーズ   (1時間)一人$45



コテージを\1600で17時まで延長したので
荷物もまとめて部屋を出る準備をしてからサンセットクルーズへ。
日程に無駄がありません(笑)

清算等実際のチェックアウトはクルーズ後でいいそうです。
いろいろ融通がきいて助かります。





サンセットクルーズはモルディブの最後の夜をロマンティックに飾ろうと
申し込んだオプション。

以前バリに行ったときのサンセットクルーズが
大きな船に何十人も乗って豪華な食事にドリンク
いろんなショーもあってまるでセレブなパーティーだったので

今回もそんなのをイメージしていたんだけど・・・


移動に使うスピードボートで海を突っ走り
轟音の中写真を撮りまくる



だけの一時間でした・・・
しかも日が沈む前に帰ってきちゃうし。。




ロマンチックなサンセットタイムを楽しむなら
リゾートのバーやプールサイドでお酒を片手に、

の方がベストです。



100_7860.jpg まだまだ明るい

100_7856.jpg
フルーツとミネラルウオーターはサービスでついてます




一度もリゾートから出ていないのなら
スピードボートでちょっと沖の海を楽しむのもいいのかも。

私たちはアイランドエクスプロレーションでスピードボートでの
遠出もしていたので、新鮮味がないのもネックでした。


100_7864.jpg

100_7866.jpg

100_7870.jpg 100_7871.jpg

100_7878.jpg


リゾートに戻った時点でこのくらい。
まだリゾートで夕日を楽しむ余裕もあります。

一時間もボートに乗っていると途中酔いそうにもなったり・・・
わざわざつけるほどのオプションではありませんでした。。




それでも一応
モルディブの海もこれで見納め・・・
としんみり。。


 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
18:00  チェックアウト



クルージングから戻って、19時のディナーまでの間に
レセプションでチェックアウト。

滞在中の食事やオプションの追加料金はこの時まとめて支払います。





19:00  ディナー


出発が20:30なので、最後に夕食をとってちょうどいいくらい。
あせらない程度に余裕があって、無駄なく最後の一日を満喫できました


 『24Degrees』

100_7884.jpg
前日の夜のセッティングを写真に撮るのを忘れたのですが
ディナーは日によってテーブルクロス等変えているようです。

昨日は黒いランチョンマットだったのでかなり印象が違います。
細かいところまで凝っていて飽きさせないことにびっくり。



100_7887.jpg
彼の刺身のセット。
マヨネーズで洋風のアレンジ。上品でおいしかった。
ちょびっとだけど、$30くらいはしたはず。。。
この辺になるとメモをとってる余裕もなくなってきました。


100_7889.jpg
私のチキンカレー。
昨日彼のエビカレーを食べて、苦手なココナツが入っていることに気づき
オーダー前にココナツを省けるか聞いてみたらOKでした。
融通がきいて親切


でも、ココナツは免れたけどやっぱり私本場のスパイスは苦手なようだ。。。
日本のカレーが単純においしいと思う。。。

苦手なくせに、食べてみたくなっちゃうんです。本場のカレー。
かなり辛いです。

えびのスナックにつけて食べると、スパイスのくせが気にならなくて
おいしかった。





初めて利用したレストラン奥のお手洗い

100_7890.jpg

100_7891.jpg

お手拭用のミニタオルが一枚一枚三角に畳んである!!!手が込んでるなぁ

ティッシュの両脇のボトルの中身は確認するのを忘れてしまいました。
化粧水や乳液にも見える。
海から上がった人のために、そういうの置いてありそう。

公共の場所まで清潔に整えてあって、安心して利用できました。




 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
20:30  リゾート出発


スピードボートで15分、マーレへ向かいます。
行きと同じようにミネラルウォーターとチョコレートがサービスされます。
チョコはココナツたっぷりだったので、帰りはメントスにしました;;


空港で少しおみやげの買い物。
規模は大きくないし、日本でいう小学生の遠足のおみやげのような
微妙な品物が多い。。。

モルディブらしいおみやげというのはなかなかないのですが
定番のチョコレート
自分と家族用にカレーパウダーをいくつか購入。

カレーパウダーは種類が多くて、日本語のレシピも店員さんが
配っていました(笑)

私は職場にオレンジピールの入ったクッキーを購入したのですが
これが案外おいしくて好評でした
写真・・・忘れまくり
また箱の裏面の日本語表記が直訳なのかおもしろくって
何気に職場の人たちが大喜びでした(笑)

「りんごの成分を含むもの」みたいな。なにそれ!?






23:30  マーレ発

100_7894.jpg

100_7897.jpg

シンガポールへ約5時間。
この時の飛行機が一番ぐったりでした・・・


この時の飛行機がとてもすいていて
彼は思い切りシートを倒したいから、と言って
空いていた前の座席に移動しました。


彼がいなくなったことで、3つ並んだシートの両脇がいなくなった私。
(片側はもともと空いていた)
シート3つ占領して、横になって寝させていただきました(笑)
体がのばせるってありがたい。

エアコンが効きすぎて寒かったので、
空いてる席の分の毛布も拝借。助かった。。。



100_7898.jpg
意識朦朧としながら食べた機内食。
もうなんだかよく覚えていません。
奥の、デザートのチョコプディングが確かおいしかったなぁ
今思い出しました。




 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索