2008 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
6:00 起床



100_7506.jpg

100_7505.jpg

今日も朝日とともに早起き。
青鷺も朝日を見てる。


青鷺は一生同じ相手と添い遂げるので
青鷺を見た夫婦は幸せになれるという言い伝えがあるそうですが

いたるところにいます、この子たち。。。





7:10  朝食


『24Degrees』

100_7524.jpg

100_7536.jpg

朝食は7時からなのですがまだ営業してない様子。
スタッフがミーティング中です。
けっこう時間かかってます。


なので、写真撮って遊んでました。

100_7526.jpg

100_7523.jpg

100_7541.jpg

島でちょこちょこ見かけるトカゲ。
近づくと逃げる、しらたまのような内気な子たち。
滞在中、ずっとしらたまと呼んでました。

たまに、元気いっぱい腕立て伏せするんですよ、この子たち!
動画でおさめたかったー!



100_7540.jpg

100_7539.jpg

100_7538.jpg

この日は大好きな焼きたてパンをたくさん食べたくて
アラカルトは控えめにしました

スムージーが苦手だったのでまたスイカのジュースと
メロン盛り合わせ
チョリソーのお料理等

メニューの名前が長いので
このあたりからメモしきれなくなっている。。。




100_7510.jpg 青鷺の足あと
100_7514.jpg ちっちゃい鳥さんもお散歩中


100_7527.jpg
だんだんそこにあるのが当たり前になってきたこんな景色も
あとちょっとでお別れだーーー><





スポンサーサイト
 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
この日私がハネムーン特典のエステを入れていたので
時間がかぶるように彼はオプションでダイビングを入れました。


彼が取ったダイビング中の写真

FH000010.jpg

FH000007.jpg

FH000012.jpg

私がシュノーケリングで見た海よりも深くて暗い。
大きな魚や亀にも触れちゃったらしい





ダイビングが9時から、エステが11時からで
しばらく一人の時間があったので、私はまずお洗濯

滞在中、服や水着は持参した洗剤で何度か手洗いして
バスルームやテラスに干しておきました

油断してたら下着干しっぱのところにお掃除入られて
あせったことも。。。
仕事熱心なのかやたらマメにお掃除してくれるので気をつけましょう;;


100_7840.jpg

その後スケッチグックと色鉛筆とミネラルウォーターを持って
外におえかきしに行ってみました。

手描きのイラストでポストカードを日本の実家に送りたいなーって
思ったのだけど

日陰でもずっと座ってると暑くって完成する前にギブアップ
野望かなわず。。。




11:00 エステ

ハネムーン特典のエステ

50分のフェイシャルメインのエステが受けられます。
この旅行の一番の楽しみのひとつ



『タージスパ』

100_7567.jpg
細長い島の真ん中をてくてく歩いて
レセプションと反対側の一番奥に、スパがあります。

100_7565.jpg

100_7562.jpg


一人で行くのでドキドキ・・・。

しかも、このスパ
リゾート内でもっとも言葉の通じない孤独な空間
でした。。。

スタッフはまったく日本語できないし
スタッフの話す英語はインド系のなまりが強くてまったく聞き取れない。。。



100_7549.jpg

100_7551.jpg

100_7552.jpg

スパの受付。
スタッフが一人入り口にいるだけでとても静か。

ソファに座って、日本語表記の問診表に記入しました。


100_7554.jpg

おしぼりと薬湯みたいなお茶。
ハーブティーなのかな?
粉上の葉っぱがそのままお湯に入っている感じ。

渋いみかけによらず、このお茶がめちゃめちゃおいしかった!!
ゆずとも違うのだけど、とてもさわやかな酸味があって。

おみやげ用に販売していれば欲しかったけど
店内にはどうやら見当たらず、尋ねるだけの英語力もなく・・・




100_7561.jpg

100_7553.jpg

100_7550.jpg


担当のセラピストがくるまで店内を見たり写真を撮ったり。

レセプションで、エステの前にサウナに入っておくと
オイルが肌により浸透していいですよ、と聞いていたのだけど
こちらから希望しないとサウナには案内されないらしく
そのままエステルームに連れていかれました。。。

日本語が通じればいろいろ聞くのになぁ。。
言葉のハンデは大きいです



100_7557.jpg

100_7558.jpg

100_7556.jpg

エステはカップルでも受けられるのでベッドも鏡もふたつずつ。
この日は私ひとりで、この広いエステルーム貸しきり状態
ここからも海が見えます。
バスタブでお湯につかることもあるのかな??


100_7555.jpg

ローブに着替えて、中は紙パンツ一枚(笑)

セラピストさんはまだ若くみえる女の子で
私のPJのビーサンとペディキュアをかわいいって
喜んでくれました

滞在中、手のネイルも女性スタッフがよく反応してくれて
どこの国でも女性はみんなこういうの好きなんだなって嬉しかった



そしてそしてエステですが

まさに天国


さすが高級リゾートのセラピストは技術がしっかりしてます。
力加減とかツボのとらえかたが絶妙。

すっごく気持いいことを伝えたいのだけど
英語がまるで話せない私。


「I’m happy


って言ってみた。

セラピストさんがにっこり笑ってくれた。
言葉は通じないのだけど、やさしい雰囲気の
かわいらしいセラピストさん。


素敵な時間をありがとうです


 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
実は、この旅行でメインともいえる一大計画。


100_7599.jpg


ウエディングドレスを持ち込んで、
リゾートウエディング写真を撮る!!!




結婚式は東京で一年前に終えています。

でも、旅行前にいろんなモルディブ旅行記を拝見していたら
「購入したドレスを持ち込んで写真だけ撮った」という方が。

なんて素晴らしいアイデア!!!



その時点で出発2週間前。
「そんな面倒でばかなこと」とあっさり拒否られるだろうと思いつつ
ものはためしと彼に相談してみたら・・・

「いいんじゃない。しまいこんでいてももったいないし」

あっさりお許しが!!!
わーーーーいありがとーーーー

そこから実家に頼んで、
クリーニング後送りつけておいたドレスを送ってもらう。

10年保障のクリーニング、1年で開封しました



購入でよかった
かさばらないマーメイドでよかった

グローブも買取だったから手元にあるし
ドレスの付属のコサージュを髪につければヘアアクセもいらないし。
なんとかなる!





とはいえ、島の様子を見ているとけっこう人目があって恥ずかしい。

コテージ周辺や砂浜で勝手にドレス着て勝手に写真撮っていれば
いーやと思っていたのですが絶対人目につく。。。

滞在中にウエディングやってるかと思いきや
そんな気配もなかったし。


なんか勇気が出なくてあきらめようかなぁと思っていたところ
日本人スタッフの方と雑談しているときにタージの結婚式の話になり
実は今回ドレスを持参したことを伝えると

なんと協力してくれるという!


そんなわけで、無事ドレスを着て
バギーで島中の撮影スポットを回ってもらえて
思う存分写真を撮ることができました


ウエディングプランで申し込んだわけじゃないのに
私たちのためにたっぷり一時間はつきっきりで
無料でバギーも出してくれて

ほんとにここまでしてもらえるとは夢にも思わなかった。


この旅行で一番印象に残ったサービスです。
TAMASAさん、本当にありがとうございました!!




100_7609.jpg
ダイビングセンターへ向かう桟橋



100_7636.jpg
プールサイドに行ったとき、休憩していたインドのカップルが
「コングラチュレーション!!!」と叫びながら駆け寄ってきて
いっしょに写真を撮ってくれました。
ローカルアイランドのツアーでいっしょだったカップル。

言葉は通じないのだけど、ドレスを見て喜んでくれて
すごくすごく嬉しかったです。

今、インドの彼らの手元にもこの写真があるんだなーー。
不思議な気分。



100_7640.jpg
これ、笑えるけど(笑)
自分じゃハンモックなんて思いつかなかったな。

TAMASAさんがポーズ等演技指導もしてくださいました(笑)



100_7647.jpg
これは私のリクエスト。
白いビーチで、遠景で撮影したかったのです!




100_7656.jpg
TAMASAさんと。
ご協力、ほんとにほんとにありがとう!




100_7661.jpg
TAMASAさんのアイデアでバギーでも。
「せっかくだからバギーもデコレーションすればよかった!」と
悔しがってくれたのが嬉しかったです(笑)

実際の結婚式では、お花やリボンでデコレーションするそうです。

ウエディングプランではないのに
時間と思いつきさえあればそこまでしてくれちゃいそうな
いきおいでした。

今回新郎はシャツにビーサンですが(笑)
ちゃんと式を挙げられる方の中にも新郎はこのスタイルって多いみたい。
(私もドレスの中はビーサンです☆)

てことは、プロのカメラマンや神父さんこそいないものの
私たちそれなりにリゾートウエディングもどきなことは
できちゃったってことだよね。


ロケーションが最高なのでどこで撮っても絵になります。
日差しが強いので色がとぶだろうなと計算して
メイクを濃い目にしたのも正解でした(笑)



とにかくもう一度ドレスを着ることができて
この旅行で一番の嬉しい思い出になりました






 | 旅行記  | TB(0)  | CM(8) | Page Top↑
実は一番いい思い出のウエディングドレス撮影の裏では
いろいろありました。


・・・・・・。


午前のエステを終えて帰ってくると
体験ダイビングを終えた彼が衝撃の一言を・・・。


「ライセンスとろうと思うんだけど

体験ダイビングがとっても楽しかった様子。


ライセンスとること自体は別にいいんだけど
そのため再度2時間の講習を受けるという・・・。


そのあいだ、私は何をしていれば??

この日はエステ後ランチをとって
気合入れてドレスの準備して
午後2時から撮影
その後シュノーケリング

というふうに過ごせたらいいな~と思っていたのですけど


そのダイビングの講習に間に合わせるため撮影を1時に繰り上げ
ランチ抜きで大急ぎでメイク&ヘアセット。
エステの後で髪もオイルだらけだけどまともに洗う時間もないし
ゆっくり巻く時間もないし

一番の楽しみの撮影がちゃんと準備できないことと
この後一人で放置されることを考えるともう泣きそう。

撮影中なんとか笑顔でいられたのは
TAMASAさんが頑張って協力してくれたおかげです。。
彼も暑い中付き合ってくれたわけですけれども。




で、撮影後。

彼のおごりでバーで優雅にハイティーを楽しんでやった


 『Equator Lounge Bar』 

100_7664.jpg


でも、周りはカップルばっかり。。
お店のスタッフにも「旦那さんを待っているの?」的なことを聞かれ。
どーーーーせ一人ですよ。。。

紅茶もスコーンもとってもおいしくて
音楽も風も景色も心地いいのだけど
この日一度も海に入らずに日が暮れていくのを見ていると
悲しくて悲しくて持って行った小説も頭に入りませんでした。

しょんぼり。


100_7665.jpg

この後コテージ帰って大泣きしてるところへ彼が帰ってきて
とりあえずシュノーケル連れてってくれましたが。
残念ながら夕暮れ間近で波も高くて魚見れなかった。



大事なイベントの時に限って事件はつきものなので
絶対何かあるだろうとは思っていたけどね。。
このときはほんと、やり直せるものなら旅行やり直したいと
切に思ったのでした。






 | 食事  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
100_7667.jpg

モルディブ4日目の夜。
ここにいられるのもあと丸一日・・・。サビシイ。



ディナーの時間まで少し時間があったので
レセプションで寄せ書きノートにおえかきしてみたり。

100_7678.jpg


ライブラリで私の猫ブログ検索してお気に入りに登録してみたり。

100_7681.jpg
猫ブログはこちら→『しらたまあんみちゅ』




『24Degrees』

今夜はいつも朝食を食べているメインレストランで
初めてのディナー。

今までピクニックでハンバーガー食べたり
『DEEP END』て食べたりしていたので。


朝とは雰囲気もうってかわってムーディな雰囲気に。




100_7683.jpg
サービスで出てきた一品。
スープかと思いきや、ドレッシングをそのまま飲んじゃったような味の濃さ。。

後からきたスティックにつけて食べるものだったようです。。
そうするとすんごくおいしかった!



100_7684.jpg
彼がダイビングでおいしいと情報を仕入れてきたシュリンプカレー $29
タイ米で出てくるのが本格的でおいしそう

でもココナツがきいていて、私はダメだった・・・。
でもナンがすごくおいしくて、ナンとだったらココナツのくせも
あまり気にならなかった。



100_7687.jpg
こちらは私が事前に旅行記で調べて評判だったシーフードトマトスパゲティ $31

おいしかった


この他、エビアンとビールが各$6


日本のシティホテルのレストランと同じで
料金設定はやっぱり高め+サービス料10%。

デザート食べたかったけど、おなかいっぱいなのでした。







 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
20:00  フラワーバス


ディナーから帰ると、楽しみにしていたハネムーン特典のフラワーバス
セットされていました

最後の夜の、何時ごろにセットするか事前に希望を聞いてくれます。
さてさて、お風呂の様子は。。。



100_7688.jpg

あ あれ???

キャンドルが、ないよ・・・??


普通フラワーバスってお湯にお花をちりばめつつ
バスタブにキャンドル並べてるものでは??

実際お湯に入るときは邪魔かもだし、なくなったのかしら・・?
ちょっとがっかりしたけど仕方ない。

お湯はぬるくて入れないという話も聞いたことあったけど
ちゃんとあったかかったのでのんびり浸かりました

100_7693.jpg


ちなみに、日本に帰ってからほかの方のブログ見てみたら
やっぱりキャンドル並んでました。。。
同じタージなので、泡風呂にピンクのお花もいっしょ。
やっぱりキャンドルあるほうがロマンチックだよーーー。
忘れられたかな。
私たちの部屋、お香も追加分なかったしなぁ




100_7700.jpg
今夜もカニがいっぱい

100_7702.jpg
青鷺も夜のお散歩



とうとう最後の夜なのです。
シンガポール寄るからまだ日本には帰らないのですが
このコテージで眠るのも最後と思うと。。。

さびしい~~~~><


 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索