2008 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
100_7217.jpg

ドキドキのモルディブの朝日!!


いつもなら旅行中は朝食の営業時間ギリギリになんとか起きるのですが
モルディブ滞在中は毎朝6時くらいに目が覚めました!

そしてこんな時間いつもなら寝なおすのに
なんだか興奮してそのまま起き出して
とりあえず海を見ながら朝のコーヒーを飲むのが日課に。




 『24Degrees』

100_7511.jpg

私たちのコテージを出ると、すぐにメインレストラン 『24Degrees』が見えます。
外にもテーブルがあるの。

私たちいつも1番とか2番とかに到着してた。
準備ができてなくて海で遊んでたことも(笑)



100_7225.jpg

中でも食べられます。
壁がなく吹き抜けになっているので、中でも風が感じられる



100_7222.jpg

一日目は外で食べたよ。
こんな風にセッティングされています

小瓶のジャム類がたくさん並んでたけど一度も使わなかったな
開封しても食べきれないし・・とか思って。



100_7227.jpg これは灰皿。白い粉はビーチの砂かな??



100_7226.jpg

まずはフレッシュジュース
ウォーターメロン、普通にメロンかと思ったらスイカなのですね
英語まるでだめな私たち・・・。
スイカのジュース、おいしかった

タージはすべての食事がバイキングではアラカルトです。
朝食は日本語のメニューがあるから安心!



100_7228.jpg

パンはサービスでいっぱい盛られています。
パン大好き!嬉しい~~


100_7233.jpg

私は「スモークサーモン ほうれん草 アスパラ 温かいトマト ハーブアイオリ添え」
にしてみた。
日本語で書いてはあるけど・・・結局来てみないとわからなかった(笑)



でも結果的には、評判通りどのお料理も本当においしかった。
盛り付けも凝っていて美しい。

わからないままに何を頼んでも、失敗はありませんでした。


スタッフの方もみんな気さくで片言の日本語で話しかけてくれるし
日本語ができなくてもみなさん何かというと写真を撮ってくれました(笑)

おかげでふたりで写った写真もいっぱいあってありがたいです。




100_7223.jpg

透き通った空と海を見ながらの食事はほんとうに贅沢な時間





スポンサーサイト
 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
私的な一日目の理想の過ごし方。

移動疲れを癒しつつのんびりリゾート内を探検したり
オプションの水上飛行機遊覧で空からモルディブの島々を眺めて
モルディブに来たことを実感する。


だったんですが


絶対やりたいと思っていた水上飛行機遊覧、20分で一人$200・・
値段が値段で、しかもたった20分と思うと強く希望できず断念。。
これはいまだに後悔。

そしてなんだかシュノーケリングのタイミングに振り回されて
効率的に過ごせなかった気がします。。



 『レセプション』 

100_7236.jpg

朝食後、まずレセプションでいろいろオプションの申し込みや変更。
日本人スタッフの方が対応してくれるので安心。

ハネムーン特典のエステがこの日の午前中に組まれていて
いちばんの楽しみがいきなり終わっちゃつまんない!!
ってことで3日目午前に変更してもらう。






その足でダイビングセンターに向かい、シュノーケリングセットをレンタル。


100_7239.jpgレセプションをぬけて

100_7241.jpgヤシの木を通過して

100_7243.jpg東屋を通過して




『ダイビングセンター』

100_7244.jpg



レンタル料は1~3日間だと一人$22、4日以上だと$33

私たちがリゾートで過ごすのは4日間なので、
最後の日はやらなくてもいいから3日間だけ借りようと決めていたのに
英語が通じずチェックアウトの日まで4日間で借りることに・・・

言葉の壁は厚い・・・



100_7245.jpg 100_7249.jpg
 
             100_7250.jpg
            レセプションへの帰り道。海側からみたところ





        100_7251.jpg





この後、9:30からの無料のシュノーケリングツアーに彼が行きたがったのだけど
泳げない私は断固拒否!!

そんないきなりなんて!!

まずはコテージ周辺の浅瀬で練習から・・・


実際いきなり沖に出なくて良かったです

海に入ること自体が久しぶりで
顔をつけるのも勇気がいったしちょっとしたことでパニクるし。。



でもコテージ近くの岩場でもけっこう魚が見れて興奮しました
体ならしにちょうどよかった



砂に潜ったひらめを発見したよ!
このとき水中カメラ持ってなくて撮れなかった。。
残念><








 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
シュノーケリングを終えてシャワー浴びてちょっとお昼寝。。
静かな波の音を聞きながらうとうと・・・幸せだぁ

100_7257.jpg

100_7313.jpg ときどきこんなお客様も...





お昼を過ぎてちょっとおなかがすいたのだけど
先にリゾート内のお散歩に行くことに。



100_7272.jpg
細長い島の、真ん中を通る一本道。
日差しは強いけど木陰が気持いい。



100_7853.jpg

100_7570.jpg

100_7274.jpg

リゾート内のいたるところに、ペアのシートがあって自由に使えます。

外国の方たちがよくカップルでのんびりと過ごしていました。
旅行といえば予定を詰め込んでしまう日本人とはちがって
のんびりすることに慣れていて上手だなぁと思いました。


100_7279.jpg 100_7278.jpg
シートの間にはバスケットが。
中身はなんだろうと空けてみると、クーラーボックスに
ペットボトルのミネラルウォーターが!
自由に飲んでいいみたいです。
ちゃんと冷えていてほんとに気が利いてる
こまめにチェックして補充しているんだろうな。
バスタオルも常備。



100_7288.jpg
ハンモックもいろんなところにあるよ。
けっこう気持いい
寝そべってゆらゆら揺らしたくなるけど
自分で揺らすのけっこう難しいんだ。。



100_7290.jpg

100_7292.jpg
島の西側のビーチに面して建つデラックスラグーンヴィラ。
ビーチヴィラにはない2階建てです!
プライベートプール付き!

・・・不思議なのは、
目の前にきれいな海があるのにあえてプールで泳ぐ人はいるのだろうか??


100_7295.jpg
デラックスビーチヴィラの、海と反対側の入り口。
エキゾチックなプライベートエントランスも立派!



100_7293.jpg
島のあちこちにまるごとぽとっと落ちているオレンジ色のお花。
散ってもきれい。



100_7847.jpg

100_7848.jpg

木陰ですらアートに見えます。



100_7577.jpg

島のあちこちが、そのままポストカードみたい。

 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
 『Equator Lounge Bar』 

100_7314.jpg

100_7316.jpg

100_7581.jpg

レストランの営業時間外でも、バーではお茶やお酒、軽食を楽しめます
ビーチに面したテラスもあって、夕日がとてもキレイ見えるらしい。


100_7573.jpg

100_7575.jpg
テラスにはカップルでのんびりできるベッドも!
ここで夕日見たら気持ちよさそう



彼が16時からの無料のシュノーケルツアーに行きたがるので
その前に腹ごしらえをしておきたかったのですが・・・
案の定時間が足りず。。

評判の「タージバーガー」出来立てを
食べたかったけど、やむなくテイクアウトにしてもらいました。
くすん。。

やっぱりお散歩よりおやつを先にしておくべきだった!!



100_7317.jpg
ドリンクだけ急いで飲んだ
アイスマンゴーティーすっごくおいしかった!
夕日見ながらのんびり飲んでみたかったなぁ。。

ドリンクを頼むと、おつまみのプレッツェルとナッツ類が
山盛り出てきます。




16:00 シュノーケリング プラットホームツアー



一日2回、9時と16時に無料のシュノーケリングツアーがあります。

100_7797.jpg
リゾート近くのシュノーケリングスポットにスピードボートで連れて行ってくれて
1時間ほど好きに遊んで迎えに来てくれたら帰ります。

有料のシュノーケリングアウトリーフボートツアーもあります。(一人&55)




午前中の練習(笑)でだいぶ慣れたし
ライフジャケットを貸してくれるのでラクチン!

すぐに慣れて、水中カメラ片手に泳ぎまくっちゃいました


無料で近場のシュノーケリングスポットとはいえ
なかなか深いところもあってお魚たくさん見れたよ!

FH000003.jpg

FH000013.jpg


なんと海亀に遭遇ーーーー

FH000018.jpg



この辺から、スポーツ苦手な私もシュノーケリングに
ハマりはじめる。





17:30 夕日を見ながらタージバーガー♪


シュノーケリング終えて、シャワー浴びると17:30。

今からなら夕日が見れるんじゃない!?
ってことで

テイクアウトにしてもらったタージバーガーとポテトと調味料類と
部屋にセットしてあったフルーツとナイフ・フォークとナプキン、
ミネラルウォーターをカゴバッグに詰め込んで

夕日の見えるスポットへGOーーーーー



これは、振り返るといちばんいい思い出かもしれない。
タージバーガーテイクアウトになっちゃったのは残念だったけど
そのおかげでピクニックできた



場所はダイビングセンターへ行く途中の東屋に決定


100_7318.jpg 100_7319.jpg
きれいに半分にカットしてからパックしてくれてて食べやすい
すっごくボリュームあるのに食べてても崩れないし
なんといっても冷めてるのにすっごくおいしかった!!

タージバーガー、サラダ、ポテト、調味料で$33
バーガーにこのお値段はかなり高いけれども、食べる価値はあります!



100_7324.jpg
海側から見たリゾート。
デラックスラグーンヴィラがシンボル的に望めます。

暗いし遠いしでピントが合ってないけど、こんな感じ。




100_7323.jpg
私たちがタージバーガーをほおばっていると
ダイビングセンターから島に帰るスタッフたちが通りかかって
にこにこと「イイナ~~オナカスイタナ~~~」と話しかけてくれた。

好きなところで勝手に好きなことをしてても受け入れてくれる
この自由さがとっても心地よかった。










 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
19:00 ライブラリー&ゲームアティック

陽が暮れたので
コテージへの帰り道ライブラリに寄ってみました


 『ライブラリー』

100_7328.jpg
メインレストラン「24Degrees」の隣にあるライブラリー。
日本語の本や雑誌、DVDのレンタルが出来ます
PC2台有、インターネットも無料で出来ます。
日本語にも対応


100_7329.jpg

100_7330.jpg

アンティーク調の素敵なインテリア
こんなお部屋に住みたい




 『ゲームアティック』

100_7327.jpg
ライブラリーの上、屋根裏のようなスペースは24時間自由に使える
ゲームコーナーになっています。
ビリヤード、プレステ3、ボードゲーム、チェスなんかが出来ます。

ビリヤードはプレイ中で、写真撮りにくかったの。。


100_7326.jpg
木の葉の形のローテーブルに座布団!
日本風~~




コテージのTV番組は言葉がわからないし
せっかくだからDVD(キムタクの「武士の一分」)を借りてみたのですが

20:00から見始めたものの


20:10 就寝




せっかくのモルディブの夜がーーーーー!!!!!



毎晩、こんな感じでした。。。

DVDは最後の日まで結局観れず。。
バーでお酒飲んでみたり天体望遠鏡借りてみたり
いろいろやりたいこともあったのに・・・


日本ではありえない規則正しい生活。。。


日の出と共に起き、日の入りと共に寝てました。












 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索