2008 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
1日目①~出発☆~  05/22/2008  
5月22日。
いよいよ、いよいよ旅立ちの日です


シンガポール航空に変更になったため
出発も早まりなんと

4時起き


ホテルの早番の日は5時起きだけどそれより早い。。
寝つきの悪い私は早起き以上に早寝が心配。

荷造りが終わったのが夜中12時頃ですでに早くはないけれど
いろいろ準備の疲れもあってすぐに寝付けました



  5:30  タクシーにて浜松駅へ

        私たちの大荷物を見て運転手のおじちゃんが盛り上がる
        自身の長距離お仕事武勇伝を語り始め
        こちらがどんな相槌を打とうがスルーなので
        相槌を彼にまかせてうとうとする私


  5:45  意外にはやく着いてしまった

        新幹線まで30分
        早すぎてドトールが開いてない
        新幹線といえばドトールなのに!!(私的に)
        仕方ないのでコンビニでサンドイッチとコーヒーを購入


  6:15  こだま始発にて出発!!

        車内で朝ごはん
        母や妹にメール
        富士山見えたよ

10[0_7076のコピー

        海外旅行前に日本のシンボル富士山を見るって
        なんかいいな。

      
         
8:30   東京駅から成田エクスプレス

9:29   成田空港着





100_7079.jpg


と…遠かった。
飛行機乗るまででコレ。


出発まで2時間あったけどいろいろ手続きしてたらあっという間☆

いよいよ日本脱出だ



スポンサーサイト
海外旅行記 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
11:30 成田発
     シンガポール航空SQ637便 (7時間05分)


当初予定していたスリランカ航空の直行便だと
10時間のフライトだったのですが

シンガポール経由になったため機内での時間は
7時間+5時間弱と少し体に優しくなりました



ハネムーン特典のひとつでペアシート確約


このときだけ窓側or通路側選べたんだけど

まだモルディブに行くわけじゃないし通路側でいっか

と安易に決めてすぐに後悔
モルディブに着くのは夜中で島なんて見えないし
シンガポールだけでも上空から見れればよかった



そして通路側は席を立ちやすいし、
体をほぐすためいっぱいトイレまでお散歩するぞとはりきってたら
トイレ間近だった。。。

他のお客さんいないときを見計らって好きなときに行けたので
便利だったけど××



100_7085.jpg

乗ってからすぐにドリンクサービス

ノンアルコールのフルーツスピリッツァーていうのにした。
おつまみにピーナツついてきたよ



13:30 機内食


わ~~い

海外旅行の楽しみ機内食


です 



揺れる!!!!!!



いやもう飛行機乗りなれてる私ですが
楽しみにしていた機内食ですが

本気でつらかった

胃が上に上がってくるのよーーーー。


あとで安定したので、あの時だけだったみたい。
なんでよりによってごはん時に


メニューも二人とも洋食がよかったけど品切れ
彼は和食にしてそれぞれ味見しました。

100_7087.jpg
洋食
 ・ハニーマリネチキンのローストペッパー
 ・マッシュルームのクリームスパゲティ


100_7092.jpg
和食 
 ・牛肉の味噌照り焼き
 ・冷たい季節の麺(蕎麦)


写真もブレブレ



100_7098.jpg

デザートはフォションのアイス
ほんのり紅茶風味
おいしかった~





そしてそして

シンガポール到着1時間ほど前

100_7117.jpg



ハネムーン特典のケーキプレゼント

けっこう大き目のガトーショコラとシャンパン

お酒弱いので、コーヒーもお願いしたらちゃんと用意してくました。

おなかいっぱいだったのでちょっとだけいただいて
後は箱に入れてお持ち帰りにしてくれました

オリジナルザインのトランプ2組と
スタッフのみなさんからのメッセージカード付き。

100_8043.jpg


便名もちゃんと入ってて
いい記念になってうれしかった。






 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
17:35         シンガポール チャンギ空港着
(日本時間18:35)



乗り継ぎ時間3時間!!

買い物の下見とかしちゃお~って思ってたけど
ことばが不自由なもので

何をするにもやたら手間取り
移動したりちょっと軽食食べたりしてたら
あっという間だった




まず到着したのがガイドブックでは「建設中」となっている
ほんとに出来たばかりの第3ターミナル。

ここからモルディブへの出発便が出る第2ターミナルへ
自力で移動しなければならない。

専用のモノレールでなんとか移動


100_7127.jpgモノレールから一瞬のシンガポールの風景

100_7136.jpg

こちらが第二ターミナル。
大学の卒業旅行以来。なんとなく覚えてる!



空き時間でおっきなパニーニ食べました

シンガポールドルで$10くらい。
日本円で1000円ちょっとかな。
高めだけどおいしかった

チャンギ空港はおしゃれでおいしそうなカフェやファーストフードの
ショップがいっぱいあったよ

100_7139.jpg 100_7138.jpg





化粧室がおしゃれで立派で感動
室内の半分はパウダールームになってて
休憩用のソファまでありました

こんなお部屋に住みたい

100_7123.jpg 100_7122.jpg 
             100_7124.jpg




20:35         チャンギ空港発
(日本時間21:35)



モルディブ・マーレまで4時間25分。

日本人スタッフがいなくなり
機内食のメニュー表も日本語ページがなくなる・・・。

日本の気配が希薄になりかなり不安。



そして日本発の時と同じシンガポール航空とはいえ
なんだか・・・スタッフの質がヘン

機内食がなぜか彼の分だけ忘れられ
しかもスタッフを呼んでアピールしてみても
しばらくピンとこない様子。

いくらこちらがまともな英語がしゃべれないといっても
見れば一発で食事が運ばれてないとわかるのでは・・?

100_7141.jpg
今回最後の機内食。こちらはフィッシュ。
もうすっかり夜中でまっくら。



映画をいっぱい観ようとか、
小説も読もうとかいろいろ楽しみにしていた移動時間だけど

ちょっとうとうとしたりしてたら

映画は時間切れで1作品も全部見れなかったり
本も出す暇さえなくて
気がつくと空の旅は終わってしまいました



 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
 22:00  モルディブ マーレ空港着!!


日本時間午前2:00です
時差4時間。

22日午前6:00に地元を出発してから実に20時間の旅でした!!!!


100_7146.jpg


税関検査の様子はこんな感じ。


国籍問わずまじでカップル多い。
うわさ通り中国あたりは本気でペアルックとか。。

旅の疲れもなんのその、
いちゃいちゃラブラブカップルを観察しては

「すごいねーー彼氏彼女じゃないよね?
 こんなとこ来るんだからハネムーンだよね??
 付き合い始めっぽいテンションだよね」



と冷静に鑑定する私たち。。
いつの間にやら落ち着いたもんです。



この行列むちゃくちゃ時間かかりました。

パスポート見せて通過するだけのはずで
日本では1人10秒とかからなかったものですが
仕事ものんびりだし、やたらひかかってる人も多かった。
海外からの旅行客でなく、現地っぽい人が。。。




出口を出るとすぐに旅行会社の日本人スタッフが見つけてくれて
リゾートからの日本人スタッフも迎えに来てくれて
無事移動できました。

マーレからリゾートまでは英語での案内って聞いていたので
日本人がいてくれて一安心

外に出てもそんなに蒸し暑いということもなく
まだ南国に来たって実感がわかない。
過ごしやすそう。



100_7148.jpg 100_7154.jpg


私たちの滞在するリゾート、タージ・エキゾティカまでは
スピードボートで15分。


ボートでは前情報通りミネラルウゥーターとチョコ、
またはメントスが配られました。

チョコ・・・ココナツ入りだった。
ココナツ苦手な私はつらかった。
帰りはメントスにしました


波が高いのかボートが時にジェットコースター並みに揺れて
私ひとりこわいこわいと大騒ぎしておりました。。

でも、月がすご~くきれいだった
ちょうど満月の頃で。
月明かりにキラキラ光る水面、なんて見たの何年ぶりだろう。
月がないと星がすごいんだって。




100_7159.jpg


いよいよタージに到着
夜のレセプションはこんな感じ。

ソファが何組かあって、
ウェルカムドリンクを用意してくれました。

ローズ入りのレモネード
これがすごーーくおいしかった

100_7156.jpg


いろいろな説明は部屋で行ってくれるようで
スタッフの方が私たちが飲み終わるのを待っててくれるのが
申し訳なかったので

レモネードをお部屋まで持っていくことにしました



お部屋でひととおり設備のこととか
滞在中のプランのこととか説明を聞いて

お部屋の写真を撮りまくって(笑)

素敵なお風呂に入って

とりあえず就寝!!


日本時間で午前5:00!!
でも現地時間だとまだ午前1:00なので
そんなに夜更かしじゃないじゃん??と思える
時差マジック


お部屋の様子は次の記事で紹介します



 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
4泊5日の間、私たちのお部屋になるのがこちら


リビングルーム

100_7163.jpg


出発前にさんざんパンフやブログで写真は見てましたが・・・
期待通り広くておしゃれでとっても素敵

ここが自宅だったら・・・!!


100_7165.jpg 100_7167.jpg
100_7215.jpg 100_7200.jpg

ベッド左サイドにドレッサー兼デスク
両側に電話機、ミネラルウォーターがセット
木で出来たボールペンとか、ペットボトルカバーなんかの小物もかわいい



100_7202.jpg
ベッド正面のソファ
カーテンをあけるとテラス越しに海

100_7213.jpg
入り口付近の一人がけソファ
サイドテーブルのおっきな木の置物、小物入れかと思ったら
他の方のブログを見るとお香立てだったらしい
だって私たちの部屋、お香ついてなかったもん(泣)

100_7172.jpg
フルーツサービス
こういうのってステキ
食器やナプキンまで用意されて気が利いてる
お掃除の際に追加してくれることもありました

100_7173.jpg 100_7210.jpg
液晶テレビ
DVDプレーヤーも完備
テレビボード内は冷蔵庫、ドリンクバーになってます
エスプレッソマシーンに、紅茶のティーバッグも種類いろいろ!
緑茶やハーブティーもあったよ



 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
バスルーム

100_7175.jpg

100_7176.jpg 100_7178.jpg
バスルームもめちゃめちゃキレイ広い
洗面台が2つあります
ふたり同時に使えるからとっても便利
バスタブ横のドアからは直接テラスに出入りできるよ



100_7196.jpg

100_7198.jpg 100_7197.jpg
バスタブの反対側、部屋からすぐのところにトイレとシャワーブース



100_7179.jpg
おしゃれ体重計にビーチサンダルまで!
サンダルはおっきかった(笑)



100_7184.jpg
アメニティはモルトンブラウン
シャンプー/コンディショナー/ボディソープ/バスソルト/固形ソープ
ボトルがかわいい



100_7185.jpg 100_7188.jpg
バスタオルもあちこちにいくつも用意されてる
アジアンテイストのおしゃれな入れ物にはハブラシや予備のボディスポンジ
ソープ等のアメニティ




100_7189.jpg

100_7190.jpg 100_7194.jpg
ガラスのコップやソープディッシュもおしゃれ
四角い陶器の小物入れにはコットンや綿棒が
ボディミルクや洗顔料、マウスウォッシュにリップバーム、アイクリームまで
ここにもミネラルウォーターが常備されています




100_7209.jpg 100_7208.jpg
バスタブのそばにはキャンドルとお香
このお香、すごくいい香りだった
ショップにあったら欲しかったな~
ティッシュボックスも素敵



 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
テラス&エントランス


100_7253_01.jpg


こちらがコテージの裏側
このテラスから直接海に下りることができます


左奥に見える三角屋根の東屋は
フリーで利用できるシュノーケリングスポットみたい。

他の人からコテージ内が見えちゃいそうな気はしましたが
めったに人はこなかったし

東屋右手の海の黒い部分が岩場になっていて
ここにお魚がい~っぱい


私たちのコテージから近いから
気軽にお魚を見に行けちゃうのでした



100_7256.jpg

テラスにもバスタオル常備
右端のガラス扉はリビングルームへ
その左側の木の扉はバスルームへ通じます



100_7263.jpg

夜になるとともるランプ
海の向こうにデラックス水上コテー群がみえます



100_7583.jpg
左奥が私たちのコテージ
右手前に「101-102」のプレートが
私たちは102号室
コテージの中でいちばんレセプションより(笑)

お散歩する間もなく着いてしまうのでつまんないかなって
思ったけど、近いって超便利!!
ちょっと忘れ物しても気軽に戻れちゃう。



100_7584.jpg
プレートの上のベルのようなものは実はライト
夜、プレートを照らしてくれます

100_7585_01.jpg
コテージに続く桟橋
レセプションから離れるコテージほど
陸とコテージの距離があって桟橋の下は海になるのですが
私たちはすっかり陸の上なのであんまり桟橋の意味がない。。


100_7586_01.jpg
入り口には水がめが
ひしゃくで水を救って足を洗います
ヤシの実でできたひしゃくがかわいいしお花が浮いてて
細かいところも素敵


100_7219.jpg

そしてこちらが私たちのコテージです
表札のとなりののモチーフもかわいい


 | リゾート・施設  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索