2008 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
10:00 ライセンス取得のための試験

彼のライセンスは一番初歩的なレベル。
「スクーバダイバー」コース(学科、機材、2ダイブ、ログブック、申請料、ボート費)  49$



『ダイビングセンター』

100_7824.jpg

前日スキューバダイビングのライセンス取得のための講習を受けた彼。
あとは一時間程の簡単な試験をクリアすればゲットです


シュノーケルから戻ってきてそのまま
ダイビングセンターで試験を受けました。


私の分もコーヒーを出してくれた
ので、そのまま一緒にいることにしました。

先にコテージに戻ってる予定だったのですが
前日一人で寂しい思いをしたし、せっかくのハネムーンなので
一緒にいるほうがいいなぁって思ったので。


100_7818.jpg 100_7819.jpg

100_7823.jpg

屋外のテーブルでコーヒーを飲みながら試験
日本では考えられない(笑)
なんて優雅な試験なんだーーー。

いっしょにシュノーケル行った台湾の女の子が
写真撮ってくれました


100_7825.jpg 100_7820.jpg

その間私はお魚の本を見たり写真を撮ったり。
いろんな国の言葉の本が置いてあるよ。

センターの裏手にはシャワースペースときれいなお手洗いもあります



100_7828.jpg 約一時間後、無事合格

インストラクターも一人日本人女性がいて安心です

必要書類を記入して、仮の免許がもらえます。
実物は、後日郵送されます。





100_7834.jpg

お昼を食べに、コテージへ。
水がめの水で足を洗って。




 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
12:00 ランチ




シャワーを浴びてから、部屋で軽くランチにしました。


今更ですが、バスルームにはおっきなバスローブが
用意してあります。

100_7777.jpg

大きくて重そうに見えるし、使いづらいに違いないと
見向きもしなかったのですが

最終日に何気に触ってみると。。


ふっわふわのふっかふか!!!!!


まさに天国の手触り


どうしてこれまで使わなかったのかと、激しく後悔しました。
なので、最後にここぞとばかりに着用してみました!


100_7841.jpg
ぶかぶか(笑)

これ、ほしかったぁぁぁ!!
リゾート内のブティックで販売してそうだけど。
高いだろうなぁ。。。

今までホテルとかで着てみたバスローブの中でも一番でした!




そしてこの日のランチは
これまでにテイクアウトしたりサービスでいただいたりした
パンやクッキー、フルーツがたくさんあったので
お部屋で済ませました。
日本から持ち込んだお湯を注ぐタイプのスープもあるし
紅茶もコーヒーもたっぷりあるし


100_7838.jpg

プチパーティー気分

余らせなくて済んだし、一食分浮いちゃいました
最後にコテージでの時間を過ごせたのもよかったです。





 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
14:00 エステ       私120分$22 彼60分$15



ハネムーン特典のエステとは別にそれぞれオプションでも
エステをつけました

私はモルディブに決めたときからエステが一番の楽しみだったし!
ちょっと奮発してフェイス~全身2時間のコース


彼は私がハネムーン特典で受けた60分のコース。
(ハネムーン特典の時は同じコースを50分で受けます)

メニューがありすぎて、詳しいコース名、内容を覚えていません。
ごめんなさい




前回体験しそびれたサウナも、拙い英語で希望を伝えて
なんとか受けられました。
一人じゃないって心強い(笑)

サウナは男女別。
他に誰もいなかったし写真撮ればよかったな~><
サウナルームにもタオルやミネラルウオーターが完備していて
とても清潔でキレイでした。

私は通常のサウナのみ利用していたのですが
彼はミストサウナを利用したそうです。
ハーブのいい香りがしたそうな。
私も使えばよかった!



カップルで受けられるので、今回は同じ部屋で
彼と並んで施術を受けました。

彼には男性のセラピスト、私には女性のセラピストがつきました。


でもこの2度目のエステ・・・
言葉の壁が厚すぎたのもあって、ちょっと残念な結果に終わってしまいました



残念なことその1

私の担当のセラピストさんが何かを聞いてきて
指で押すしぐさと手のひらでなでるしぐさをするので
強いのと弱いのどっちがいいかってことかなぁと解釈して
「弱く」と思われるなでるしぐさを返したのですが・・・

いつまでも背中をなでていてマッサージが始まらない。。。

と思ってたら、これがさっきのしぐさ!?と気づく・・・。
押すマッサージかなでるマッサージかってことだったの??
全然マッサージを受けてる気がしない!!!


いつもならこのまま何も言えないんですが
高いお金払ってるわけだしせっかくのハネムーンだし、
と思い切って伝えました。

けっこう施術始まって時間経ってたので
ちょっと嫌な顔されたけど、一応ツボ押しもやってくれました。
言って良かった。。




残念なことその2

彼が一時間、私が二時間のコースなのになぜか同時に終わった!!

「finished」とくり返されるだけ。。
私だけ別の部屋に移動なんじゃないか、と二人で話したけど
着替えもさせられて受付に連れて行かれる。。。

このままじゃほんとに終わっちゃうと思い
拙い英語で必死で二時間のコースを申し込んだことを伝える。

すると受付の女性スタッフが来てくれて
彼女も日本語は全くできないのだけど私が何か訴えてることを
わかってくれて、レセプションに問い合わせてくれました。

彼とおんなじコースで申し込まれていたようで、
レセプションの日本人スタッフを介して
ようやくコースが間違って手配されていたことが伝わって
続きを受けることができました。

後半はフェイスとヘッドスパ中心で、仕切りなおし。


でもでもせっかく天国を味わうはずのところで中断されちゃうし
そもそもコースが違うのに前半60分は前回と同じエステになっちゃったし
チェックアウトの時間があるのに中断した分長引いちゃったし
最後の最後に後味悪くなっちゃいました。。。



特に、今回のセラピストさんが言葉が通じないと
もう意思の疎通をあきらめてしまって、適当に進めてしまうところが
あるのが問題だった。

途中何度もほんとうに終わりなのかっていうことを確認しようとしたのに
聞く耳をもたなくて、結局受け付けの女性が聞いてくれるまで
ほんとに終わっちゃうところだったし。



気さくで親切なスタッフが印象的なタージで
このセラピストさんだけはついてなかったな。。。


一番楽しみにしていて、しかも最後の最後でこんなことになって
けっこうがっかりでした。。。
マッサージ自体は気持ちよかったんですけどね。





そして二度目なのでほとんど写真がありません。

100_7854.jpg
問診表に記入する彼。これだけ(笑)






 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
17:00  サンセットクルーズ   (1時間)一人$45



コテージを\1600で17時まで延長したので
荷物もまとめて部屋を出る準備をしてからサンセットクルーズへ。
日程に無駄がありません(笑)

清算等実際のチェックアウトはクルーズ後でいいそうです。
いろいろ融通がきいて助かります。





サンセットクルーズはモルディブの最後の夜をロマンティックに飾ろうと
申し込んだオプション。

以前バリに行ったときのサンセットクルーズが
大きな船に何十人も乗って豪華な食事にドリンク
いろんなショーもあってまるでセレブなパーティーだったので

今回もそんなのをイメージしていたんだけど・・・


移動に使うスピードボートで海を突っ走り
轟音の中写真を撮りまくる



だけの一時間でした・・・
しかも日が沈む前に帰ってきちゃうし。。




ロマンチックなサンセットタイムを楽しむなら
リゾートのバーやプールサイドでお酒を片手に、

の方がベストです。



100_7860.jpg まだまだ明るい

100_7856.jpg
フルーツとミネラルウオーターはサービスでついてます




一度もリゾートから出ていないのなら
スピードボートでちょっと沖の海を楽しむのもいいのかも。

私たちはアイランドエクスプロレーションでスピードボートでの
遠出もしていたので、新鮮味がないのもネックでした。


100_7864.jpg

100_7866.jpg

100_7870.jpg 100_7871.jpg

100_7878.jpg


リゾートに戻った時点でこのくらい。
まだリゾートで夕日を楽しむ余裕もあります。

一時間もボートに乗っていると途中酔いそうにもなったり・・・
わざわざつけるほどのオプションではありませんでした。。




それでも一応
モルディブの海もこれで見納め・・・
としんみり。。


 | オプション  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
18:00  チェックアウト



クルージングから戻って、19時のディナーまでの間に
レセプションでチェックアウト。

滞在中の食事やオプションの追加料金はこの時まとめて支払います。





19:00  ディナー


出発が20:30なので、最後に夕食をとってちょうどいいくらい。
あせらない程度に余裕があって、無駄なく最後の一日を満喫できました


 『24Degrees』

100_7884.jpg
前日の夜のセッティングを写真に撮るのを忘れたのですが
ディナーは日によってテーブルクロス等変えているようです。

昨日は黒いランチョンマットだったのでかなり印象が違います。
細かいところまで凝っていて飽きさせないことにびっくり。



100_7887.jpg
彼の刺身のセット。
マヨネーズで洋風のアレンジ。上品でおいしかった。
ちょびっとだけど、$30くらいはしたはず。。。
この辺になるとメモをとってる余裕もなくなってきました。


100_7889.jpg
私のチキンカレー。
昨日彼のエビカレーを食べて、苦手なココナツが入っていることに気づき
オーダー前にココナツを省けるか聞いてみたらOKでした。
融通がきいて親切


でも、ココナツは免れたけどやっぱり私本場のスパイスは苦手なようだ。。。
日本のカレーが単純においしいと思う。。。

苦手なくせに、食べてみたくなっちゃうんです。本場のカレー。
かなり辛いです。

えびのスナックにつけて食べると、スパイスのくせが気にならなくて
おいしかった。





初めて利用したレストラン奥のお手洗い

100_7890.jpg

100_7891.jpg

お手拭用のミニタオルが一枚一枚三角に畳んである!!!手が込んでるなぁ

ティッシュの両脇のボトルの中身は確認するのを忘れてしまいました。
化粧水や乳液にも見える。
海から上がった人のために、そういうの置いてありそう。

公共の場所まで清潔に整えてあって、安心して利用できました。




 | 食事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
20:30  リゾート出発


スピードボートで15分、マーレへ向かいます。
行きと同じようにミネラルウォーターとチョコレートがサービスされます。
チョコはココナツたっぷりだったので、帰りはメントスにしました;;


空港で少しおみやげの買い物。
規模は大きくないし、日本でいう小学生の遠足のおみやげのような
微妙な品物が多い。。。

モルディブらしいおみやげというのはなかなかないのですが
定番のチョコレート
自分と家族用にカレーパウダーをいくつか購入。

カレーパウダーは種類が多くて、日本語のレシピも店員さんが
配っていました(笑)

私は職場にオレンジピールの入ったクッキーを購入したのですが
これが案外おいしくて好評でした
写真・・・忘れまくり
また箱の裏面の日本語表記が直訳なのかおもしろくって
何気に職場の人たちが大喜びでした(笑)

「りんごの成分を含むもの」みたいな。なにそれ!?






23:30  マーレ発

100_7894.jpg

100_7897.jpg

シンガポールへ約5時間。
この時の飛行機が一番ぐったりでした・・・


この時の飛行機がとてもすいていて
彼は思い切りシートを倒したいから、と言って
空いていた前の座席に移動しました。


彼がいなくなったことで、3つ並んだシートの両脇がいなくなった私。
(片側はもともと空いていた)
シート3つ占領して、横になって寝させていただきました(笑)
体がのばせるってありがたい。

エアコンが効きすぎて寒かったので、
空いてる席の分の毛布も拝借。助かった。。。



100_7898.jpg
意識朦朧としながら食べた機内食。
もうなんだかよく覚えていません。
奥の、デザートのチョコプディングが確かおいしかったなぁ
今思い出しました。




 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
7:00  シンガポール着



行きは乗り継ぎだけでしたが
帰りは出発が夜中のため、半日シンガポールに滞在します。

今回、出発の直前にスリランカ入国がNGになり
シンガポール経由に変更になったため
旅行会社が追加料金無しでシンガポールのホテルも
手配してくれました。


機内で眠ったものの疲れは取れずふらふら。。
はやくホテルで休みたい~~><

と思っていたら・・・ハプニング発生


私たちの荷物が、シンガポールに届いていない・・・

こんなことってほんとにあるんだ


荷物だけ先に成田に行ってしまったのかなんなのか
よくはわからなかったのですが
シンガポールでお世話になったガイドさんがとてもよくしてくれて
お昼頃荷物をホテルまで届けてもらえることになりました。
よかったーーー。


救いなのは、もう旅行のメイン日程は終わっていて
シンガポール滞在も半日だけだし
化粧品やメガネ、コンタクト等必需品は機内持ち込みの
荷物に揃っていたので、あんまり慌てないですんだこと。

これが行きのハプニングでモルディブで着ようと楽しみにしてた
服やらなんやらが届かない、だとショックでしたけど



そんなこんなで、とりあえず先にホテルにチェックインすることに
なりました。






8:00  パンパシフィックホテル チェックイン


100_7901.jpg


いやぁ・・・
出発直前に手配することになったのでいいホテルは
とれないかもしれない、と旅行会社から言われていたのですが

とっても立派でびっくりしました


100_7903.jpg

100_7905.jpg 100_7906.jpg

ロビーはおっきな吹き抜けになってます。
チェックインの手続き等は全部ガイドさんが行ってくれました。


シンガポールは下調べする余裕がなかったので
出発直前に購入したガイドブックを旅行中に読んでおこうと思ったのに
なんと行きの飛行機の中に忘れたんですよね、私。。。

ほんの2、3日しか手元にありませんでした・・・

そんなこんなで、学生の時に来たときの記憶と
ガイドさんのアドバイスでシンガポール滞在中の予定を決める。


とにもかくにも眠いので、
とりあえず仮眠を取ってお昼から活動することにしました。



100_7928.jpg
吹き抜けを上昇するガラス張りのエレベーターからロビーを見下ろす。

100_7931.jpg
建物の真ん中は吹き抜けになっていて
ぐるりと客室が囲んでいます。


ご親切に朝食までついていて、
おなかもすいていたし食べたかったけど疲労と眠気で気力がない。。
残念ながらあきらめました



 | シンガポール  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
パンパシフィックホテル、客室もとっても豪華でした

タージのアジアンテイストなゴージャスとはまた別の
近代的でスタイリッシュな空間。


こういうお部屋も大スキ!!!!



100_7909.jpg
全体像
奥は一面ガラス窓で見晴らしも良好


100_7920.jpg 100_7919.jpg

100_7910.jpg
キングサイズと思われるダブルベッド。
枕もふかふか、ヘッドレストのライトもシンプルでかっこいい。


100_7911.jpg
ベッドの前には大きな液晶テレビ。
その下は冷蔵庫や無料のお茶等バースペースになっています。
お茶の品揃えもよかった。

デスクが独立していておしゃれ。

100_7912.jpg

100_7922.jpg 100_7917.jpg
ベッドの左サイドにクローゼット。
バスローブ、アイロン、ズボンプレッサー等も完備。
全てがクローゼット内に収納されているので見た目がすっきり。


ベッドサイドにはサービスのミネラルウォーターとポプリ


100_7913.jpg

100_7916.jpg 100_7914.jpg
バスルームもおしゃれ。
アメニティが充実しているしシャワーブースもあります。




100_7921.jpg

100_7925.jpg 100_7926.jpg
部屋からの眺めも最高。
ホテル内におっきなプールがあるようです。



急ぎの手配だったのにこんないいホテルにしてくれて
ハネムーンだから旅行会社もがんばってくれたのかなぁと。

しかも朝チェックインで夜チェックアウトなんて宿泊プランは普通ないので
おそらく2泊でとってくれたのだと思うのです。

それで料金はモルディブ4泊6日分のみ
シンガポールはあくまで乗り継ぎのためのおまけ。


外出しないでずっとホテルで休んでいたいくらい
居心地のいい空間でした

 | シンガポール  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
やっと部屋について一息。
朝食を食べに行く元気はないものの、おなかはすいた。。。

こんなときの為にカップ麺等非常食を用意しておいたのに
スーツケースは行方不明。。。

機内持ち込みのバッグの中に
機内食で食べ切れなかったクラッカーやチーズがあったので
とりあえずそれで空腹をしのぎました。
切ない。。。


2、3時間ほど仮眠をとってからシャワーを浴びて
ガイドさんに教えてもらったすぐ近くのフードコートに
ランチに行きました。



13:00  ランチ


二人だけでアウエイを歩くのにどきどき
シンガポールは英語圏。
周りの人たち、見た目は日本人と変わらないのに><

ガイドブックもなくしたので
私たちが行ったフードコートがなんていうところなのか
わかりません。。

パンパシフィックホテルのすぐ近くの建物。


100_7936.jpg
とっても賑わっていました。

日本でいうとイオンなんかのフードコートみたいなイメージかな。
ラーメンやうどん、丼やパスタのお店が並んでる間隔で
シンガポールのなじみのごはん屋さんが並んでる。

食べてる人のテーブルを見ると、これがどれもおいしそう。
カレーとかライスとかチキンとかをワンプレートにごちゃっと
盛り付けてるのがなんだかすごくおいしそうに見える。


ガイドさんからは白いチキンライス、ローストポークと
ヤキソバがおいしい
って教えてもらいました。


100_7933.jpg
ココナツやアジアンスパイスが苦手なくせに
またカレー頼んじゃった。
だっておいしそうだったんだもん><
おっきなチキンや野菜が載っていて、ごはんはタイ米。

欲しいメニューをちゃんと注文できるかどきどきしたけど
なんとかなったヾ(>∀<*)ノ


100_7934.jpg
こちらは彼。
ローストチキンがおいしそう


お値段はどれも$6とか高くても$10しない。

安っ!!!!

モルディブリゾートの1メニュー$30とかの後だから
激安に感じます。素敵。


でも、やっぱりお味もそれなりでした(笑)
モルディブで舌も肥えてしまった。
素材もこだわっていて本当に丁寧に調理されてるお料理だったから。
リゾートってやっぱりすごいんだなぁ。



100_7932.jpg
 途中見かけた無印良品。

昔シンガポールに来たときも、
日本の大手デパートやらコンビニがそこら中にあって
あんまり外国に来た気がしなかったっけ。

コンビニで現地のお菓子やドリンクを買うのもいいおみやげになるのですが
今回は寄る暇がありませんでした




15:00  DFS ギャラリア・スコッツウォーク

100_7937.jpg

食後、私的にメインの免税店へ!!
ホテルからタクシーを使ったけど、15分くらい乗っても$2程度。
日本円で200円代。安すぎる!!
ていうか、世界的に見て日本だけタクシーがやたら高いって
テレビで観たな、そういえば。



楽しみに楽しみにしていたお買い物。
でも時間がなくて、おみやげ一通り買うので精一杯。。。


ホテルは飛行機の出発前まで滞在できるのですが
夜オプションでナイトサファリの予定を入れたので
17:00のガイドさんとの待ち合わせに間に合うように
急いでホテルに帰って荷造りしてチェックアウト!!

が、なんと・・・



時間を一時間間違えていました


実は、腕時計や携帯の時間を日本時間のままにしてあったのです。

モルディブは日本との時差が4時間だから、
あきらかにずれてるのがわかるのでいつも時計の時間から
4時間引いて考えていました。

が、シンガポールと日本の時差は一時間。

一時間なんてちょっとの違い、
外の明るさでもたいして変わりはしないので
すっかり時計の時間を信じこんじゃいました。

あと一時間は、免税店で買い物できたのに><


ものすごいショック!!!!


ボロボロに疲れてもいたのだけど
チェックアウトしちゃったので部屋にも戻れず。
ガイドさんとの待ち合わせ時間までロビーでぐったりしてました。


今回の旅行でいちばん痛い失敗でした。。。
うあーーーん買い物・・・








 | シンガポール  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
19:00  ナイトサファリ


100_7939.jpg

シンガポールの滞在時間は短いけれど
せっかくだから観光したい!

ということで

私が大学の卒業旅行できたときに一番印象に残っていて
あまり遠出の必要もなさそうで
彼も好きそうだと思われるナイトサファリを申し込みました。

私が行ったときより規模も大きくなっているそう。


早めに現地へ行き、バイキングレストランで食事をしました。


 ウルウル・サファリレストラン

100_7941.jpg 100_7942.jpg

100_7943.jpg

けっこう品揃え豊富で楽しい。
お味はやっぱりそれなりでしたが;;
モルディブの後って困る。

水色のデザートとかなんだか謎でやめておいた;;


原住民のカッコをした男性達が太鼓を鳴らしながら
食堂に入ってきてこれがすごい迫力。

彼らはこの後の火を使ったショーのスタッフだったようです。




トライバルダンス・パフォーマンス

100_7948.jpg

100_7953.jpg


これがすごかった!!!!

太鼓の音楽に合わせて火を噴いたり回したり!!
迫力があって目が離せませんでした。


こんなにすごいと思わなかった。

今回の旅行で何気に一番見ごたえありました。


自信たっぷりに力強いパフォーマンスが繰り広げられて
ほんとかっこよかったです!!




ウォーキング・トレール 

日が暮れたところで、まず15分ほどで回れる徒歩コースを体験しました。

ガイドさんが手馴れていて、効率よく動物をひきつけてくれて
おもしろかった(笑)

フィッシング・キャットやコウモリ等、たくさんの小動物が
間近で見れます。




トラム・ライド

100_7955.jpg

いよいよメイン。

トラムという、バスみたいに大きなカートのような乗り物に乗って
全長3.2キロのコースを約45分かけて回ります。

中国語、英語、日本語のトラムがあるからすごい。

説明を聞きながら動物をみることができます。。


不思議なのは、動物たちが寝ていたり隠れてしまって見れないということがなく
ちゃんと目の前でごはんを食べたりくつろいだりしていてくれて

しかも各セクションを壁などで仕切っているわけじゃないのに
ちゃんと動物達がそれぞれの場所でおとなしく生活していること。

薄明かりの中に浮かび上がる動物達がとても神秘的でした。



疲労と、暗さと、おだやかなアナウンスでしょっちゅう
気を失ってしまったのがもったいない

シンガポールへ行かれる方
トライバルダンス・パフォーマンスも合わせて
ナイトサファリは見ごたえあっておすすめです







 | シンガポール  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
帰国  05/28/2008  
23:40  シンガポール発
        シンガポール航空 SQ638便



ナイトサファリ後、ガイドさんが付き添ってくれて
シンガポール空港へ。

私達が無事ゲートに入るまで見守って
振り向くと大きく両手を振ってくれたガイドのジャックさん。


荷物が届かなかったりいろいろありましたが
手際よく対処してくれて
オプションの手配等もすばやく完璧で
とっても頼りになりました。

ありがとうございました。
一日かぎりの短いお付き合いだったのですが
またシンガポールに行くことがあったら会いたいなぁ。。。と
思ってしまう、いい人でした><




この後、ふらふらになりながら最後のお買い物。

雑貨やお菓子等スリランカで安いのいっぱい買うつもりだったから
シンガポール空港のお値段を見てるとなかなかテンション上がらず。

でも何もないのもさびしいから
トロピカル紅茶とドライマンゴー等をちょっとだけ買いました。
あと自分用に免税店の化粧品。

今回おみやげはほんとさびしかったです。。



最後に残った現金を日本円に両替。



最後の機内食

100_7959.jpg

最初の頃は何時頃機内食が出たかとかメニューとか
事細かにメモっていたけど、このあたりはもう
写真もろくに残っていない。。。

ひたすら寝ていた気がします。
コンタクトもとって、化粧も落として寝る気満々。

モルディブでの暇な時間や機内で過ごすために
小説やDS等持っていきましたが
まったく出番ありませんでした。





28日 7:30  成田着

成田エクスプレスに乗って
すっぴんのまま東京駅で新幹線に乗り換えて



12:00 浜松到着ーーーー!!!!


長い道のりだった。。。

ちょっとおなかもすいたし、自宅に帰る前に浜松駅のドトールで一休み。

100_7960.jpg
いつものベーコンスパイシードッグとアイスカフェオレ。
おちつくーーーーヾ(>∀<*)ノ

日本に帰ってきたんだなぁ。

もう、店員さんに最後「Thank you」とか言わないんだわ、とか。
英語できないくせに、ちょっとかぶれてきました(笑)




のんびり過ごしたモルディブだったけど
帰りの飛行機の移動はやっぱり一気に疲れが出ました。

また行きたいけど、遠いなぁ><

でもでもがんばって、絶対また行きたいです!!







 | 旅行記  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

リンク

QRコード

ブログ内検索